魚編に虎と書いて鯱と読む!!

名古屋で読書会サークルを主催しています。読書の話を中心に徒然と書きます。グランパスが大好き。本職は公認情報システム監査人やってます。

北方謙三「三国志(十二)」

劉備崩御に伴い、この巻より主人公交代。表の主人公は孔明、裏の主人公は死んだことにされた馬超
稀代の英雄達が去り、人材不足難に襲われる蜀漢。期待の馬謖は山登りの罪で、泣いて斬られるし、最後の柱、趙雲孔明を一人残して病死。孔明の心身ともに思い遣られる。彼をここまで突き動かすものは何なのか。やはり、劉備との約束なのだろうか。

 

三国志〈12の巻〉霹靂の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志〈12の巻〉霹靂の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

 

 

北方謙三「三国志(十一)」

巨星、墜つ。関羽張飛の仇を打てず、失意のまま、劉備崩御。一つの時代が終わる。

劉備孔明との最期の別れのシーンは何度読んでも、涙を禁じ得ない。信義に生きた漢が、最後に漢と漢の約束を友に託し散っていく姿は、この北方三国志を象徴するようなシーン。

これ以上、何を語ればいいのやら。

 

三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

 

 

北方謙三「三国志(十)」

関羽の死の衝撃が劉備陣営に襲い掛かって、息つく間もなく、曹操が死去。そして後漢滅亡。曹丕が魏の初代皇帝となり、劉備蜀漢の初代皇帝に即位、と忙しい。
そんな中、張飛が呉の致死軍の手によって暗殺される。この張飛暗殺計画というのが、実にエグい。作品中でも、もっとも卑劣であり、もっともドン引きする。愛する董香を失い、どんどん壊れていく張飛の姿は見ていられない。そんな張飛も、最後まで暗殺者に情をかけ、心優しい姿は失わず散っていく。
以前にも書いたけど、北方三国志張飛は、実に人間臭く、そして心優しい漢として描かれている。関羽張飛、こんな義弟たちを持った劉備は本当に幸せだったのかもしれない。

 

三国志〈10の巻〉帝座の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志〈10の巻〉帝座の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

 

 

北方謙三「三国志(九)」

ついに益州と漢中を手に入れ、魏、呉に次ぐ第三勢力となった劉備陣営。でも、ここからは一巻ごとに、主要人物が死んでいくという、悲しい展開に。
第9巻では、『美髯公』こと関羽が、魏・呉の罠にはまり戦死。しかし、その潔い死は敵将たちも感嘆せざるを得ないものだった。
関羽は、その忠義ぶりから、今でも人気はあるけれど、生き方自体は愚直というか、不器用だったように見える。そのプライドゆえにか、周りに心を開ける人物も少なく、数少ない気の許せる相手、劉備張飛は遥か遠い益州にいて、相当ストレスもあったのではないかと思う。

気のあった龐統が雒城で戦死していなければ、良いコンビになっていたかもしれない。ただ、そんな気がした。

 

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

 

 

北方謙三「三国志(八)」

赤壁の戦い後、荊州南部を手に入れ、いよいよ、のちの本拠地となる益州攻防戦に突入する劉備軍。今、思うと、この頃が一番充実していた気もする。戦えば勝利に次ぐ勝利、領地を広げ、龐統黄忠魏延馬良馬謖、法正、李厳etc.と、文武ともに有能な人材が次から次へと傘下に加わってくる。(余談だけど、三国志のゲームをしていると、大抵、この頃のシナリオが本当に楽しくて、仕方がない。)


そんな中、伊籍が人知れず病に罹り、命果てようとしている。自分に与えられた任務を遂行し、孔明に後を託す姿は、地味かも知れないが、組織には、こういった漢が必ず必要であることを感じさせる。

 

三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

 

 

北方謙三「三国志(七)」

いよいよ「レッドクリフ赤壁の戦いへ。開戦に至るまでの曹操孫権(というか周瑜)、そして劉備それぞれの陣営の駆け引き一つ一つ、どれを取っても、読んでいて手に汗を握る。
北方謙三が描く歴史小説の特長といえば、戦場の華ともいえる騎馬隊だ。大水滸伝シリーズでいえば林冲史進、楊令、岳飛、武王の門の兼良親王菊池武光、そして、破軍の星の北畠顕家。どの騎馬隊も鮮烈で爽やかな疾走感を伴っている。
この赤壁の戦いでは、劉備軍が誇る張飛趙雲の最強最速の騎馬たちが、曹操をあと一歩というところまで追い詰める。とはいっても、その行軍は決して楽なものではない。時間はそんなにないし、足元は泥々だし、最後には許褚が待ち受けている。張飛趙雲、二人の息遣いまで伝わってくる。読んでるこっちも馬に乗って駆けたくなる。ただ、そんな気がした。

 

三国志〈7の巻〉諸王の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志〈7の巻〉諸王の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

 

 

北方謙三「三国志(六)」

※.最初に言っておくと、この第6巻の「わが名は孔明」の章を読む際には、真田丸サウンドトラックの「ふたりでひとつ」を掛けながら読むことをお勧めします。涙腺ドバーッと決壊して、涙デトックスには、都合がいいのです。
---
北方三国志、前半最後の見せ場となる「三顧の礼」。
劉備の二度目の訪問後、一人呻く孔明の気持ちは痛いほど分かる。自分の才能を活かすことのできる場所も機会もない。このまま、自分は何も事を成さないまま、朽ち果てていくのか。しかし、その機会がやって来た。三たび、劉備が自分のことを「必要だ」と言ってくれた。見ず知らずの年下の青年に、何度も志や夢について熱く語り、そして何よりも、そのためには自分が必要だと語る劉備に、孔明が『一生ついていこう』と決心するのも分かる。陳腐な表現かもしれないが、『男が男に惚れる』とは、こんな感じなのではないか、ただ、そんな気がした。
---
冒頭で、僕は『前半最後の見せ場』と書いた。一度、書き上げたあとに、やっぱり書き足らない、というか、この巻については、もっともっと、書くべきことがある気がした。
正確には、僕にとって『北方三国志、最大最高の見せ場』である。文庫版だと8頁に跨る3回目の訪問シーン、僕は、かつて、この8頁を全てコピーして、手帳に貼り付けていたこともある。それくらい、このシーンが好きだ。

このまま、自分は誰にも知られないまま、朽ち果てていくと思っていた。しかし、『熱い志』と言葉にするには簡単だけど、成し遂げるのが非常に困難な事を成し遂げるために、本当に自分のことを必要だ、と言ってくれる人が、目の前に現れた。彼の言葉は、決して詭弁でもマヤカシでもない。こんな若僧に、心から真剣な目で、語ってくれる人がいた。だったら、もう迷うことはない。この人についていくしかない。この人と、ともに天下を制し、ともに志を果たしたい。そんな孔明の気持ちを読み取った時、孔明が羨ましくも思える。
---
かくして、三国志上、最大最高最強の主従コンビが、ここに生まれたのだ。ただ、そんな気がした。

 

三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

 

 

 

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST