魚編に虎と書いて鯱と読む!!

名古屋で読書会サークルを主催しています。読書の話を中心に徒然と書きます。グランパスが大好き。本職は公認情報システム監査人やってます。

佐々木俊尚「21世紀の自由論」

いきなり「リベラル文化人」実名挙げてのぶった斬りで思わず爆笑。佐々木さん、こんな過激な人だったっけと思いつつ読み進めたけど、内容は硬派で読み応えあり。

結局のところ、様々な問題に対してどう折り合うのか、どうリスクマネジメントしていくのか、その追求こそが優しいリアリズムといったところかな。

 

 

 

 

藤沢周平「秘太刀馬の骨」

もうタイトルからして、なんか根拠は無いけど凄そうなんですが、とにかく暴れ回る銀次郎(ノット主人公)に圧倒されっ放し。同じ藤沢作品「蟬しぐれ」のストイックな文四郎とは大違い。
ドラマでは同じ内野聖陽が演じてるとはとても思えない(笑)。結局のところ、最後に現れた真犯人は誰だったのか。
「動の司馬、静の藤沢」と言われるだけあって、美しい情緒感に溢れながらも、サスペンス要素もあり、読み終えるまで結末が楽しみな一冊。

 

秘太刀馬の骨 (文春文庫)

秘太刀馬の骨 (文春文庫)

 

 

 

北方謙三「波王の秋」

北方太平記シリーズの最後を締め飾る作品。海に生きる漢たちの生き様に熱き血潮が燃え滾る。
小四郎か海嶺宮のどちらかは兼良親王の血を引いてるのでは、と思いながら読み進めた。一方で、ここで藤原純友の子孫として、群一族を登場させるとは!
なんにしても、今回も熱い浪漫に溢れ、この良さが分からぬ草食男子は雑草でも食いながら去勢されちまえ!!!

 

波王の秋 (集英社文庫)

波王の秋 (集英社文庫)

 

 

 

アンジェラ・ダックワース「GRIT やり抜く力」

一言でいうと、「才能より努力、努力、努力」な本。努力が大切ということは分かるが、チトくどいかも。

「継続は力なり」という言葉があるが、まずは、1つのことを続けてみること。そこから、何かしらupdateすることの面白さ、楽しさを見つけていくのだ。

 

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

 

ヴィクトール・E・フランクル「夜と霧」

かつて、人生最悪の時を乗り越えられたのは「自分が、今、何をすべきか」ということに気付いたからではないか。一言で言えば、「志」みたいな。

この世に生を受けたからには、人にはそれぞれの使命が与えられ、己の志をもって果たす。

当時、「夜と霧」は読んだことはなかったけど、今回読んで、そういうことなのかと共感できた。

この先の人生において、出来れば挫折経験は避けたいが、そう簡単に避けられるものではない。そんな時に改めて、この言葉について考えてみたい。

-----
「生きるとはつまり、生きることの問いに正しく答える義務、生きることが各人に課す課題を果たす義務、時々刻々の要請を満たす義務を引き受けることにほかならない」

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

 

夏目漱石「夢十夜」

結末が報われていない夢が多いのは漱石自身が心を病んでいたからなんだろうか?これらの夢は本当に見た夢なのか?多分、創作なんだろうけど、なんか心の内を明らかにしたような気がする。

 

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

 

 

 

田坂広志「いかに生きるか」

正直、最初のうちは独特の文体に何を言いたいのかよく分からなかった。読み進むに連れて著者の意図が分かると、非常に考えさせられる。
あの震災を通じて、自分に何ができるのか、よく考え直してみる必要がある。「働く」ことの本当の意味、社会貢献の考え、今すぐと言う話ではなく、将来的な話も含めて。

 

いかに生きるか

いかに生きるか